KazumaLab.

流行りとリラックマと嵐が大好きです。

Wedding × VRのサービスと今後について語る

かずまです。

この記事はOculusAdventCalender16日目の記事です。 前回はblkcatmanさんのVR転職して開発の仕方が変わったこと(脱オレオレ開発)でした!

今日はWeddingとVRについて今年を振り返って行こうと思います! 技術的な話ではないです、はい。

このお話は個人的なお話なので、 所属している団体とは関係ありません!

2017年に出たWeddingのVRサービス

HugWedding

遠隔で結婚式に参列できるサービスですね。 ペッパーに取り付けたカメラにより、より現場にいる感覚になれるようです。 やってみたい!

二次元の美少女と結婚できるVRサービスです。

こちらは上とは対象にイケメンと結婚できるサービスです。 TGSで展示されていたみたいです。

  • 360度の動画で残すサービス

昨年はすぐ婚VRとかゼクシィの海外VRの映像やパノラマ写真でしたが、今年はいろんなVRコンテンツが出てきたように思えます。

今後どうなるのか?

ウェディング業界での課題はたくさんあると思います。

  • 海外ウェディングでの情報不足
  • ドレス着るのに一着30分以上と人が必要
  • いろんな種類があって、いっぱい式場は見たいけど、時間がない!

Hololensや、VRによって、少しでも解決できるのではないかと思っています。 技術によって、解決できることが増えるのはいいですね。

やりたかったこと

今回技術的な部分もやろうと思ったのですが、間に合わなかったです。ごめんなさい! 式場を3Dキャプチャして、ARとか、VRで見れるようにしよう!とおもったのですが、撮影が間に合わなかったです。 グリグリ3Dモデルを動かせるようにしたい!!

www.autodesk.com iPhoneのカメラを使って、簡単に撮影をして、3Dモデルに落としこめるといいなと思っていましたが。

でき次第、ブログ追記します!

明日のアドカレは!!

ゆーとIPD62mm@VRファイルマネージャー (@yutoVR) | Twitter さんのVRでのインテグレーションのお話です! 楽しみ!